FC2ブログ

総会屋事件史(3) 富士銀行十九億円不正融資事件

 今回は『総会屋の100年』(神田豊晴、リッチマインド、1991)より総会屋の事件史をまとめます。

1、意義

 ・昭和45年、富士銀行雷門支店副長菅沼正男の自動販売機のオペレーター会社トムソンに対する不正融資事件が明らかになる。このとき、売り出し中であった広島グループの総大将小川薫一派が総会で富士銀行の役員を追及し会長や頭取を退陣に追い込もうとし、富士銀行側は大物総会屋島崎英治に対策を依頼し、事件の裏面で総会屋が暗躍した事件であった。

2、経緯

 (1)、事件の発覚

  ・昭和45年4月、富士銀行の佐々木副頭取のもとに、富士銀行雷門支店副長菅沼正男が自動販売機のオペレーター会社であるトムソンの架空輸出手形を買い取り、トムソンの有馬社長に2年数か月の間に19億円余りの不正融資をし、この事件が発覚したら海外に逃亡したとの報告が入る。
 
 (2)、常務会で対策を協議する

  ・佐々木副頭取はすぐに常務会を開いて対策を協議し、事件化を避けるためにこの事件は富士銀行のトムソンへの融資の焦げ付きとして処理し、トムソンを再建し貸金を取り立てることで処理をすることにした。

 (3)、大蔵省への報告

  ・トムソンの有馬社長も海外に逃亡してしまう。これによって富士銀行側はやむを得ずに当時の大蔵省へ事件を報告した。ここにおいて、マスコミも報道をはじめ、警察も捜査をはじめ、国会においても事件が取り上げられるに至る。

 (4)、「広島グループ」の暗躍

  ①、総会屋の暗躍

   ・この事件を聞きつけた総会屋が富士銀行にたかってお金を得ようとした。この動きの中で最大なものが、当時売り出し中であった「広島グループ」の小川薫一派であった。小川グループはこの事件を本格的に富士銀行の株主総会で追及し、当時の富士銀行の金丸会長や岩佐頭取を退陣させて総会屋としての確固たる地位を築こうと考えていた。

  ②、広島グループの暗躍

   ・小川は大きな犠牲を覚悟で総会屋に臨む態勢を作っていた。小川ら広島グループには広島の暴力団共政会がついているといわれ、富士銀行の株主総会に暴力団員を含む100人を動員すると噂されていた。

 (5)、富士銀行の幹事総会屋島崎英治の対策

  ・富士銀行は幹事総会屋島崎英治に相談をし、島崎は、

   ①膨大な資金を提供して小川を黙らせる
 
   ②株主総会前に岩佐頭取が退陣を表明する

  のどちらかしかない旨を伝える。

 (6)、岩佐頭取の事件処理

  ①、外遊

   ・富士銀行の岩佐頭取は、当時の大蔵大臣である福田赳夫とともにIMFの総会に政府顧問として随行していた。これは福田蔵相の、野党の追及が激しくマスコミが過熱報道をしている間は岩佐頭取を海外に連れ出しておき、また岩佐頭取もIMFの総会に出席したということで花道を作り退陣をさせようという策であった。

  ②、岩佐頭取の事件処理

   ・外遊から帰国した岩佐頭取は、

    ア)、役員のボーナルの全額返上

    イ)、常務取締役以上の減給

    ウ)、井口雷門支店長の論旨免職

    エ)、外国部長の辞任受理

   と矢継ぎ早に事件を処理していった。

 (7)、岩佐頭取の退陣

  ・岩佐頭取は株主総会の運営に自信がなかったので、幹事総会屋島崎の提案について

    ①総会屋の小川薫に対して資金提供はしない

    ②自らが責任をとって頭取を退任する

   との明確な方針を定めた。

 (8)、総会屋の小川薫が手を引く

  ・岩佐頭取が退任をしたということで、総会屋の小川薫はこの事件から手を引いて富士銀行側と和解をした。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

総会屋事件史(2) 白木屋乗っ取り事件

 今回は『総会屋の100年』(神田豊晴、リッチマインド、1991)より総会屋の事件史をまとめます。

1、意義

 ・白木屋は創業300年を誇る老舗のデパートであった。しかし、昭和24年(1949)に当時経営不振であった白木屋を東急の総帥五島慶太一派の横井英樹が買収を画策する。白木屋社長鏡山忠男は大物総会屋の久保祐三郎に防戦を依頼、横井側でも大物総会屋の田島将光を後ろ立てとしており、久保と田島の対決となった。

2、経緯

 (1)、横井英樹の後ろ立てに大物総会屋田島将光がつく

  ・大物総会屋の田島将光は、以前白木屋の立て直し問題で大丸の合併案を白木屋社長鏡山忠男に示したが、居留守を使われて追い払われた経験があった。よって、総会屋の田島は横井の後ろ盾について白木屋乗っ取りを支援することにした。

 (2)、横井英樹が株を買い占める

  ・横井は白木屋株を買い集め、昭和27年9月ころから白木屋株が急激な値上がりをする。これに対して白木屋社長であった鏡山忠男も防戦をしたことから昭和28年1月には白木屋株は約3倍ほどに暴騰した。

 (3)、白木屋側に大物総会屋久保祐三郎がつく

  ・白木屋社長鏡山忠男は、かねてからの知人であった大物総会屋久保祐三郎に防戦を依頼し、さらに総会屋の久保は後に住吉一家三代目になる阿部重作も引き入れた。

 (4)、白木屋第70期定時株主総会に向けての対策

  ・両陣営は決戦の日である株主総会に向けて、株の買い集めや委任状集めを行ったり、陣営の切り崩しをしたり、虚々実々に駆け引きを行った。

 (5)、白木屋第70期定時株主総会

  ①、意義

   ・昭和29年3月31日、白木屋第70期定時株主総会が中央区浜町になる中央クラブで開催される。議長は白木屋社長の鏡山忠男がつとめ、全国から総会屋、暴力団関係者、右翼関係者が集結した。

  ②、委任状の点検

   ・株主からの委任状を点検すべきであるという提案によって、両陣営立合いのもとに点検を行う。その結果、会社側提出の委任状は196万票、横井側提出の委任状は137万票となり、合計333万票となった。しかし、白木屋の発行済み株式数は400万株でその中に議決権停止の仮処分をうけている横井側の102万株が含まれているので委任状の総数は298万票以内でなければならず、点検された委任状は40万票近くも多すぎることとなった。

  ③、流会へ

   ・会場は明らかに二重に提出された委任状があることから騒然となり、結局総会は流会とし、昭和29年4月2日に千代田区の東京会館で継続総会を開くこととなった。

 (6)、東京会館が会場を提供しない旨を通知する

  ・白木屋の総会には多数の暴力団関係者や右翼関係者が動員されるという噂がたったことから、会場として予定されていた東京会館は白木屋に対して継続総会の会場に提供しない旨を通知してきた。

 (7)、白木屋側の第70期定時株主総会

  ①、中央クラブでの株主総会開催
  
   ・東京会館に会場使用を断られた白木屋側は、急きょ中央区の中央クラブを会場とし、その旨を夕刊新聞に公告し、東京会館の正面入り口にも掲示を張り出した。

  ②、横井側が総会が成立しない旨を主張する

   ・白木屋側の鏡山社長が議長として継続総会の開会を宣言すると、横井側の株主達はすぐに「会場変更手続き」や「鏡山社長側が株主の名義書き換え期間中に強引に書き換えを行った70万株余の無効」を指摘し、総会は成立しないと妨害を図った。

  ③、白木屋側鏡山社長の強引な総会運営

   ・総会屋の久保を中心とする白木屋側株主達が鏡山社長の議事運営を助け、

    ア)、総会が成立する旨

    イ)、第一号議案 計算書類の承認は可決される旨

    ウ)、横井側から提出された累積投票の請求は成立せず、取締役及び監査役の選任は普通決議により選任する旨

    エ)、第二号議案 具体的な取締役や監査役の選任

    オ)、第三号議案 定款一部変更の件

   と一気に議事を終了させた。

  ④、横井側の総退場

   ・横井側の株主達はこの白木屋側の鏡山社長の強引な総会運営に激怒し、怒号を残して総退場を決行した。

  ⑤、白木屋側の勝利?

   ・総会を乗り切った白木屋側は鏡山社長と総会屋の久保を中心に勝利をねぎらった。しかし、この総会に総大将である横井英樹と大物総会屋田島将光の姿はなかった。彼らは、この総会と同時刻に元の東京会館で総会を開催していたのである。

 (8)、横井側の第70期定時株主総会

  ①、東京会館での株主総会

   ・横井英樹と大物総会屋田島将光は、会場の変更は総会の決議以外には認められないとして、白木屋側が中央クラブで総会を開催している同時刻に東京会館で十数名が出席して白木屋継続総会を開催した。これは、大物総会屋の田島の策であり、田島は白木屋側が東京会館の使用を拒否された時に別名で会場を予約していたのであった。よって、白木屋側が中央クラブで開催した総会に出席した横井側の株主達は総会を混乱させ時間を引き延ばすために送り込まれたものであった。

  ②、大物総会屋田島の手際よい議事進行

   ・田島は一人で手際よく議事を進行させ、

    ア)、第一号議案 計算書類の承認は否決して検査役5名を選任して調査することとする旨

    イ)、第二号議案 具体的な取締役や監査役の選任については、選挙の形式を省略し議長の指名によって選任手続きにかえることとし、議長の中沢某が横井英樹他を役員に選任していった。

    ウ)、第三号議案 定款変更は全面的に反対する旨

   を審議し、わずか10数分で総会を終えてしまった。さらに、この後取締役会を開催して横井を代表取締役に選任した。

  ③、登記の申請を済ませる

   ・大物総会屋の田島は株主総会と取締役会を終えるとすぐに日本橋法務局へ行き、議事録を添付して新しい役員を登記してしまった。

 (9)、訴訟合戦

  ・白木屋側が株主総会と取締役会終了後に登記を申請しようとしてもできなかった。この後、白木屋側と横井側は訴訟合戦をして事態は全く進展しなくなった。

 (10)、紛争の帰着

  ・最終的に、横井英樹は白木屋の社長に就任することなく所有していた株式をすべて東急の五島慶太に譲って手を引き、白木屋の鏡山社長も社長の座を追われた。白木屋は結局東急の傘下に収まった。
関連記事

総会屋事件史(1) ベ平連vs総会屋

 今回は『総会屋の100年』(神田豊晴、リッチマインド、1991)より総会屋の事件史をまとめます。

1、一株運動

 (1)、一株運動とは?

  ・ある企業に対しての不満を持っている者が、その企業に対して抗議ができる機会である株主総会に出席することを目的としてその会社の株を一株だけ所持し株主総会に出向くという運動。

 (2)、昭和45年から昭和46年にかけての一株運動

  ①、意義

   ・この時代の一株運動は①後藤孝典弁護士が指揮したチッソの水俣病告発運動と、②小田実が指揮したベ平連の軍需産業に対する反対闘争があった。

  ②、ベ平連の軍需産業に対する反対闘争

   ・小田実は、日本の産業は政教分離を提唱しながら実際には政治と密接に結びつく軍需産業を積極的に推進しているとし、軍需産業を進めている三菱重工業・三菱電機・ベトナム戦争で特需を請け負っている日米合弁会社などを中心にこれらの会社の株を集中的に買い取り、①会社の営業・生産内容などの公開、②平和産業への質的転換を要求するために、軍需産業に関係している会社の一株買取運動もすすめ、関係会社の株主総会で発言する市民運動を行うとした。

 (3)、会社側の負担

  ①、事務管理の負担

   ・昭和56年(1981)年の商法改正以前の株式は一株単位での取引が可能であった。しかし実際には一株の株式は市場に少なかったために、まとまった株を取得してこれを一株に分けてもらう手続きをする。この手続きを株式を分割するという。

   ・しかし、株式を分割すると会社側はその株券と引き換えに一株の株券を指定された枚数だけ印刷して株主に送付しなければならない。さらに、株主総会の時は、一株株主にも召集通知書や参考書類をその都度送付しなければならないなど事務管理が大変であった。

  ②、株主総会での負担

   ・一株株主が株主総会に乗り込んで会社の恥部をえぐり出すような攻撃的質問をしてくるので、総会を平穏に終えるためにも企業側としては排除したかった。

2、三菱重工業の第42回株主総会

 (1)、意義

  ・昭和46年5月28日に日比谷公会堂で三菱重工業の株主総会が開催された。この時にベ平連の一株株主が殴りこみをかけてくるという情報を得、三菱重工業側は大物総会屋の嶋崎栄治に協力を要請。嶋崎は他の総会屋や右翼に協力を要請しこの殴りこみを防いだ。

 (2)、経緯

  ①、三菱重工業側が情報を得る

   ・株主総会開催の前に三菱重工業側はベ平連が約1000人で株主総会に殴りこみをかけてくるという情報を得る。

  ②、大物総会屋嶋崎栄治に依頼

   ・三菱重工業側は株主として出席する者に対して警察では対処できないとして、総会屋と右翼の協力を得ることにし、大物総会屋の嶋崎栄治に依頼をした。

  ③、防衛隊の結成

   ・総会屋の嶋崎は、右翼では児玉誉士夫の児玉軍団の中核である青年思想研究会に依頼、総会屋では自身の門下生や先輩格である大物総会屋谷口勝一をはじめ東京の各大物総会屋に協力を依頼した。その結果、総会屋200人、右翼防衛隊300人を集めることに成功する。

  ④、株主総会当日

   ・ベ平連は「再軍備反対」「兵器産業を許すな」などののぼりと立ててデモ行進をしながら会場へ向かった。途中で交通規制にあって大幅に遅れて会場に到着すると、会場では防衛隊が待ち構えてベ平連の攻撃は完全に阻止された。ベ平連は二階席で「意義あり」「議長」などと連呼するのみで株主総会は終わってしまった。
関連記事