FC2ブログ

天皇パチンコ暴行事件

 今回は、『昭和・平成日本テロ事件史』(宝島社、2005、別冊宝島編集部編)より、「天皇パチンコ暴行事件」についてまとめます。

1、奥崎謙三の戦争経験

 ・奥崎はニューギニア戦線に従軍する。敵兵の襲撃だけでなく飢えとマラリアの中で幾多の戦友の命が奪われるが奥崎は右手の小指を失いながらも奇跡的に生き延びる。その後、銃殺される覚悟で敵軍の捕虜となったが、その扱いが予想外の穏当なものであったので、天皇および日本の戦争に対する疑念と怒りが奥崎のなかで定着してゆく。

2、復員後

 ・復員した奥崎は、神戸にバッテリー商を開業する。しかし、不動産業者とのトラブルから業者を殺害し懲役10年の服役をする。その独房の中で昭和天皇の戦争責任に対する考えを先鋭化してゆく。

3、天皇パチンコ暴行事件

 ・奥崎は出所後、昭和44年(1969)1月2日の新年参賀の日に皇居前皇居長和殿バルコニーに姿を見せた昭和天皇に向けて、奥崎は「ヤマザキ、天皇をピストルで撃て」と叫んでパチンコを発射した。奥崎は暴行罪で逮捕され、裁判では昭和天皇の証人出廷を請求したが認められなかった。判決は1年6ヶ月であった。しかし、出所後も奥崎は天皇一家のポルノ写真をばらまいてわいせつ図画頒布の罪で懲役1年2ヶ月の刑に服している。

4、『ゆきゆきて、神軍』

 ・奥崎は昭和57年(1982)から原一男監督のドキュメンタリー映画『ゆきゆきて、神軍』に出演する。戦地での人肉食事件を追及の結果、元中隊長を殺そうと訪れるが不在で、かわりに息子を手製ピストルで撃ち負傷させる。ここまで映画の結末としておさめられ、殺人未遂などで懲役12年の判決をうけ服役する。

5、『神様の愛い奴』

 ・平成9年(1997)に満期出所した奥崎はドキュメンタリー映画第二作『神様の愛い奴』の出演する。自らの理想郷「ゴッドワールド」を建設する構想を打ち明ける様を紹介しながら、その日常に密着した作品である。

6、死去

 ・奥崎は2005年に入院先の病院で85歳で死去する。死ぬ直前まで気性は激しく「バカ野郎」と叫び声を発していたという。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!