FC2ブログ

日本VS欧米の呪術戦争

「緊急検証 ! 2014年度版超新約黙示録~第1回紅白オカルト合戦」より、説についてまとめます。解説は山口敏太郎氏です。


1、意義


 ・欧米の植民地主義にアジアとアフリカは蹂躙されたがそれに屈しなかったのが日本である。これは神に選ばれて地球を支配する予定であった白人にとっては計算外であり、日本を追い詰めるために日本と欧米の間で呪術戦争が行われた。


2、太平洋戦争時


 ・太平洋戦争時、日本の内務省が日本中のお寺や神社にルーズベルト、チャーチルを呪殺せよという命令をだしている。この呪詛の効果かは不明であるがルーズベルトは終戦前に死亡している。他方、チャーチルはアレイスター・クロウリーという悪魔崇拝者に日本やドイツを呪詛させた。また、チャーチルはVサインで有名であるが、このVサインはクロウリーが考えた相手に対する呪詛のマークである。


3、戦後


 ・出口王仁三郎は死ぬ前に弟子を集めてアメリカの霊的な呪いから日本を守るために日本の結界を霊的に守れと言い遺した。この遺言に従って王仁三郎の弟子たちは淡路島など日本各地で日本を守るための呪術をやっている。王仁三郎の弟子はあと数人しか生き残ってなく、現在では第三世代が結界を張っている。


 


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!