FC2ブログ

アダルトビデオの歴史(26) 過激な未成年イメージビデオ

 今回は、『アダルトビデオ「裏」の世界』(宝島社、森ヨシユキ、2012)よりアダルトビデオの歴史をまとめます。

1、意義

 ・未成年援交ビデオは、2007年に「スタービーチ援交」の制作者が逮捕されたことにより終焉する。この後、建前はイメージビデオとして、内容は過激なことを未成年者に行わせる動画が、インターネットの直販サイトやダウンロード系販売サイトを利用して販売されるようになる。

2、具体例

 (1)、「まほ(誌宝)コレクション」

  ①、意義

   ・2010年から9ヶ月に渡って13歳~17歳の少女達をアメーバブログで募集し、未成年者相手に行き過ぎた内容の過激な動画を作成して、ダウンロード系販売サイトなどを利用して、200人ほどの客に1本あたり6000円でトータル5800万円を売り上げた。

  ②、逮捕

   ・制作をしていた大阪市の男性は、2011年7月に、女子中高生のわいせつ動画を販売したとして逮捕されている。

 (2)、BBプロモーション

  ①、意義

   ・BBプロモーションは、栃木県宇都宮市にある芸能プロダクションである。2010年頃から事務所として使っていたマンションの一室で、女子中高生をモデルとした着エロDVDを制作・販売していた。逮捕までの2年間で約100人の少女を撮影していた。

  ②、内容

   ・会社のホームページで12歳~18歳の少女を募集し、少女達に手ブラ、Tバック、電マ、隠語といった過激な内容を行う動画を作成し、「ちゅうぼぅず」という直販サイトで販売し、月200万円の売り上げをあげていた。少女達には、日払いコース(日給1万円)、ガッツリコース(4日で10万円)などが支払われていた。また、販売用とは別に社長が個人的に児童ポルノの撮影も行っていたといわれている。

  ③、逮捕

   ・動画に出演した14歳の少女が、撮影前にヘアメイクをするために美容室に行った所、撮影がつらいと店長に泣き出したために、店長が警察に相談して社長の逮捕となった。

 (3)、Ken-net.プロモーション

  ①、意義

   ・「表版」と「過激編」「解禁編」「規制解除版」などとうたった裏メニューを用意する。表版は、DVD一枚5000円~1万円ほどで、15歳~17歳の少女に手ブラ、股間刺激、お触り程度の行為を行っていたが、ビデオは途中で映像が途切れる。表版でカットされた裏メニューは、局部を露出したシーンから本番行為までを行わせる映像であり、これを購入歴がある顧客に3万~5万ほどで販売していた。

  ②、逮捕

   ・2011年に制作者の男性は逮捕された。


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!