FC2ブログ

右翼団体小史(11) 大行社

 今回は右翼活動を行っている側のインタビューをまとめた『右翼の言い分』(アスコム、宮崎学、2007)と大行社のホームページより大行社についてまとめます。

1、概要

 (1)、設立

  ・大正13年(1924)に国の前途を憂えた清水行之助会長が、後藤新平、北一輝の後援を得て設立した。前年の大震災の余韻収まらぬさなかに舞踏会を開催しようとした安田財閥のパーティーを居合術により阻止。5・15事件を機に活動を休止した。

 (2)、再興 

  ・昭和56年(1981)に国際国内情勢が極めて重大な局面にあり、大行社再興の使命を痛感した、当時稲川会三本杉一家総長であった岸悦郎氏が清水行之助初代会長より承継、再興の要請をいただき再結成をした。岸総長はこの時に稲川総裁から「大行社をやれ」と言われて稲川会から籍を抜いている。平成8年(1996)に三本菅啓二氏が二代目となっている。

2、岡樹延理事長と丸川仁本部長のインタビュー

 (1)、言論とテロについて(丸川本部長)

  ・私自身、言論の自由は守られるべきだと思うし、そういう立場で私たちは街頭で運動をやっていますが、我々の言論が公にさらされて、大衆の議論を促す機会に恵まれていないと思います。

 (2)、ヤクザとの関係について(岡理事長)

  ・今、大行社は稼業との縁はありません。全部堅気としてやっています。ですから、専従の人間はいますが、ほかの人間はすべて、仕事をもっています。その給料のなかから会費を払って、あるいは支部費をみんなで出し合って組織を運営しています。任侠との関係は、いろいろとあります。しかし、右翼が政治的な関係で動くときに、任侠の方に協力してもらうことはありますが、任侠の方の政治的な意向で右翼が動くということはありません。

 (3)、警察について

  ①、取調べについて(岡理事長)

   ・最近では、たとえば公安事件で捕まった場合、公安3課の事件班が扱うようになりました。事件班が扱うと、思想的な背景んついてくわしく調べるようなことがなくなります。やったことだけに焦点をあてます。以前と違って警察による調書の取り方も変わりました。昔は誰か要人が来日したときなどに、公安3課の人間が我々に一日中、ベッタリと張り付いていたものです。「今日は映画に行こうか、どこに飲みに行こうかな」と誘ってくることもありました。昔はそれだけ公安3課も予算があったんですかねぇ。今なんか、そんなのバレたら大変だ。

  ②、取り締まりについて

  ⅰ)、宮崎学氏

   ・共謀罪(実行行為がない場合でも、相談したり議論したりするだけで、刑罰を科すもの。)の場合は、まず右翼とヤクザが対象なんでしょうね。

  ⅱ)、岡理事長

   ・そうでしょう。法に引っ掛けようと思えば、なんでも引っ掛けられるわけだから。たとえば、会合の席などで、「あいつは悪い奴だ。あれはやらなきゃいけないねぇ」なんて言えば共謀罪になってしまいますからね。今でも街宣などは名誉毀損で引っ掛かる可能性があります。それに加えて共謀罪が成立してしまうと、本当に右翼に対する弾圧ですね。

 (4)、日常活動について(岡理事長)

  ・うちの場合、月刊で『大吼』という機関誌を出してます。ほかに渋谷駅頭で毎週土曜日、横浜西口では月一回、日曜日、それとその間、月、火、水と定例の街宣をしています。週に四日から五日は街頭宣伝をやっています。ほかの団体と比較すると、大行社の場合は、言論活動の手段をたくさんもっている方だと思います。出版を主としていくのがトップのスタンスであれば、組織はそのカラーでまとまりやすいんですが、うちの場合は、いろんな運動を目ざす人間がいます。力でいく人間もいれば、出版・言論活動にいくという人間もいるし、地域の活動をやって議員になった人間もいます。運動を包括的にやり、そのなかからいろんなものが出てくることが、うちのいいところだと私は考えています。

 (5)、ネット右翼について(岡理事長)

  ・いいんじゃないですか。強硬な意見がどんどん出て、徐々に日本としてのセンターというのが戻ってきましたからね。昔は全体的に左のほうに寄り過ぎていて、左の中間ぐらいがセンターと思われていた。今は元に戻ってきています。彼らが言うぶんにはなんでも言ってもらったほうがいい。我々の意見のほうが弱腰だといわれるのはいいことですよ。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]