FC2ブログ

やくざについて(6) やくざと刑務所

 今回は、「実録・プロジェクト893XX ヤクザの全貌」より、やくざについて基本的なことをまとめます。 

1、やくざと刑務所

 ・やくざにとって、刑務所とは男を磨くための道場であり、懲役は男の勲章としてやくざ社会には受け入れられてきた。出世するやくざは、規制のある生活、厳しい環境、複雑な人間関係などのなかで読書と勉学に勤しみ、独学で知識を広めていった者が多い。

2、刑務所への再入率

 ・やくざの行刑施設への再入率は75%でカタギの55%に比べて断然多い数字である。入所回数五回以上の「懲役太郎」はやくざは30%もおり、人生の半分以上を刑務所で送るやくざも多い。

3、刑務所の中

 ・組織が禁止している薬物や破廉恥行為、カタギに手を出すなどで捕まったやくざは刑務所の中で冷笑を浴びせられることがある。また、長い懲役をつとめてシャバに戻ってきたときには組織内の勢力図が変わっていたり、シノギが他人に奪われていたり、組織がなくなっていたりすることもある。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]